至福のコカマキリ@

D1000305.jpg

 

  日、2階のバルコニーの庭でコカマキリを発見!
前からショウリョウバッタの小さいのはいるのですが、新芽をどんどん食べるので招かざる客状態(笑)
イトトンボやコカマキリの発見は、都心のバルコニー・ビオトープの醍醐味ですね。

 
コカマキリ(カマキリ科)
 体長 60~82mm
 分布 本州(山地を除く)、四国、九州、対馬 
 生息場所 草原
 出現期(成虫)  9~11月

ショウリョウバッタ(バッタ科)
 体長 オス:45~52mm、メス:75~82mm
 分布 本州、四国、九州、沖縄、対馬、伊豆諸島
 生息場所 草原
 出現期(成虫) 7~10月


スポンサーサイト
テーマ: ガーデニング | ジャンル: 趣味・実用
見せZIP、魅せZIP* | Home | フォッグ・シューズ@

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する