Manolo Blahnikのメンテナンス 

14372429_1204824899584917_3455778820355220153_o.jpg 
Manolo Blahnikのメンテナンス  場所:  ミスターエマ

「ちょっと履き過ぎちゃったみたいなんです・・・」


Manolo Blahnikの靴も美しい。

ポインテッドトゥなので、いかんせんつま先が擦れやすいです。今回の靴は、レザーソールのつま先部分がキレイに擦れてなくなってしまいました・・・ 


こんな場合は・・・

 今回、革底全体を取り替えるオールソールをするほど底全体がダメージを受けている訳でもありません。つま先だけ。幸いアッパーにはダメージが及んでいなかったため、つま先をレザーやラバーで補強するか、補強したあと前ソールをラバーで補強するか二者選択。

検討した結果、減った部分を同素材のレザーで補強してからラバーでカバー。これで以前よりも強化できました! 


14242503_1204825176251556_3604456556571213453_o.jpg 



アッパーにダメージがあっても直せる場合が多いです。諦めないでご相談ください。

靴を購入したら履く前に傷まないよう事前にプレ・メンテナンスをオススメします。

購入した靴を傷めず、靴を足に馴染みやすくする技術をお試しください。
  

    
14311491_1204825352918205_6217615289484532822_o.jpg 

  
Manolo Blahnikのメンテナンス
 ラバー半張り(ラウンド)・・・1,800円〜+税 
 つま先補強・・・ ask!! ※状況による
  
  
<お問い合わせ>

ミスターエマ 03(3385)7284 

 
  

スポンサーサイト
春色のフェラガモ 〜下ろす前のメンテナンス | Home | adidasの王道、スタンスミスの甦り方 〜専門性が問われる接着のしごと

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する