メーカーは直してくれない<2> 〜アルシュ(arche) の修理

16602091_1359659684101437_7227876396501147766_o-1.jpg 
メーカーは直してくれない 〜arche の修理 ミスターエマ

 
昨日は出先で大雨に遭い、久し振りに雨宿りをしました。

傘を忘れて出かけたものの、雨宿りなんて小学校の時以来かな・・・ 40分くらい人の家の軒先を借りました。もっとも、傘持ってても昨日はダメでしたね。。。

  
晴天ばかり続いても気分が晴れませんし、雨期も気が滅入ります。意外と人間は変化を望む動物かもしれませんね。
    


あるお客さんが
「メーカーに修理をお願いしたのに不可能と言われてしまって・・・ 5万円もしたんです!」と怒って持って来て頂いたのが今回の靴。フランスのアルシュというメーカーの靴です。
  
天然ラバーを用いた特殊底で、環境にも優しく履きやすいフランスらしい靴。しかしながら、代理店が底材のストックをしない方針で、底が劣化したら自己責任でとあくまで強気です。
専用パーツでないと直しにくいので、街の修理屋さんではあまりやりたがりません・・・
    

16602201_1359659910768081_1769008204876325929_o.jpg        


実はこういう姿勢は他のメーカーにも蔓延していて、クラークスを筆頭に、ビルケンシュトックのメンフィス等のウレタン底モデル、カンペールも然り、純正素材のストックをしないところが多いこと、多いこと。
  
理由の1つは、底材の寿命が挙げられます。
現代の靴はウレタン底が大半で、経年劣化してしまうウレタン底をストックするリスクを負わない傾向にあります。お客さまにはメリットがないのですが、代理店
の事情は分からなくもない。

   
そんな時は、どうぞ当店までお持ちください。

本来修理は、"ただ復元すれば良い"という意味だけではないですから、ものによっては純正部材より履き心地が良くなるケースもあります!
  
     


アルシュ(arche)のメンテナンス
 オールソール ・・・12,000円〜(モデルによる)+税

※状況によりますが、納期は2週間程度が目安です。
      
<お問い合わせ>

ミスターエマ

 03(3385)7284 
 
    

スポンサーサイト
「イズミール」の干場さん仕様 〜エルメスのサンダルを厚底にカスタマイズ | Home | JIMMY CHOOのサンダルが履けない! 〜JIMMY CHOOのストレッチ(伸ばし)メンテナンス

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する