まるでラッピングのような靴。@kate spade編<2>

 早速、仕上がりを。
 
 DSC06693b.jpg
 
 やり方は様々考えられますが、アッパーが
 デリケートなサテン地のため、なるべく地
 面にこすれないよう高さを確保することに
 しました。
 
 DSC06706a.jpg
 
 トップリフトには、フレアーに削ったラバ
 ーヒールをつけ高低差をつけました。真っ
 直ぐ削るのはカッコ悪いのと、外履きです
 ので多少の高低差があったほうが、アッパ
 ーもキズ付きにくくなるし、歩きやすくも
 なります。
 
 DSC06695.jpg
 
 前のソールは、お客様からレザーソールの
 紫に加工してある部分は尊重して残して欲
 しいとオーダーがあり、接着面は傷つきに
 くいよう段差をつけました。
 単純そうに見えますが、地味ーな手間仕事
 の連続なんです。
 
 DSC06702a.jpg
  トップリフトがTOPY、すべり止めがvibram・・・今回ばかりはご愛嬌です(苦笑)
 
 次回は、室内履きのくくりを少しだけ広げ、
 レペット(repetto)の加工例を紹介します!
 



 DSC06688.jpg DSC06698b.jpg
  kate spade  室内履きを外履きに加工
  <: 加工前/ : ソール加工後>
   注意/トップリフトの形状は意匠で、今回、逆トーマスヒールとなんら関係はありません。
   ... 3,675yen (rubber sole 2,100yen, top lift 1,575yen)~/1pair





 <emma>

 <お問い合わせ先>
   ミスターエマ 中野本店 担当/江間(えま)

   03-3385-7284
    info.mr.emma@gmail.com

 companylogo04.jpg







スポンサーサイト
テーマ: | ジャンル: ファッション・ブランド
まるでラッピングのような靴。@kate spade編<1> | Home | Clarksの底割れの憂鬱~その1

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する