2011.3.11 - 2012.3.11

 2011年3月11日から丸1年が
 経とうとしています。



  この場をお借りいたしまして、

  あらためて被災された方々へ

  心よりお見舞い申し上げますと共に、

  復興に向け、懸命に踏ん張って

  おられる方々にエールを送りたいと

  思います。



  人間の力ではどうしても及ばない
 この現実に、どう向き合っていけば
 良いか考え、思い悩んだ一年でした。

  同時に自分に課したこと、
 靴の仕事に携わっているものが何を
 すれば役に立てるか、についてです
 が、情報収集しながらやれることを
 前向きに行ってきたつもりです。


  それまでは積極活用していなかっ
 たtwitterでしたが、単なる情報収集
 だけでなく、時に仕事の枠を超えて
 いる感が(超え過ぎかも)あります
 が、一個人としての意見の発信も積
 極的に行いながら、自分の立ち位置
 を確認しています。


 何ができるのか。どうフィードバッ
 クできるかを、これからも模索して
 います。


  去年、帰宅難民の人の束が山手通
 りを大勢で闊歩する姿を目の当たり
 にして、まだ捨てたもんじゃないな
 と感じました。バスにすし詰めにな
 っている人、全く動かない渋滞の車
 内でイライラしている人よりも、歩
 いて家路に向かっている人達の方が
 ずっと生き生きしてエネルギーが溢
 れていました。

 ハイヒールを脱ぎ捨て、スニーカー
 を買って家に向かうなんて、脆弱な
 人間では決して出来ません。


 たった一日の、まるで『千と千尋の
 神隠し』のような光景でしたが、
 何日も続いたらどうなっていたんだ
 ろう・・・

 その時は、路上で歩いても疲れ難い
 インソールでも売ろう!かな!?
 って。



  明日は、3月11日です。

  あれから1年経ちました。



 <emma>


 DSC09071.jpg

 どこまでも歩けるこんな履きやすそうな
 靴が、今春入荷! お楽しみに!

   

  
 
  
スポンサーサイト
テーマ: | ジャンル: ファッション・ブランド
3月のサービス@マリメッコ【訂正版】 | Home | 2月のサービス@すべり止め加工!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する